やる気は存在しない

やる気は存在しない、ただ習慣があるだけ。やる気が出ない時はそう思うようにしている、やる気が出ないからうまくいかないのではなくて習慣の形成がうまくいってないと。しかし実際やる気があると行動は楽で、私はやる気がない。あと新しいことをどんどんと始める人というのがいて、これは習慣で説明することができない。やる気は存在する。

ミスドの無料券の期限が切れそうだったのでドーナツを引き換えに行った。正月に買った福袋についてきたやつだ。今月までが期限だった。以前に朝行ったら時短営業でやっていなかったので夕方に行った。

ミスドでタピオカが売ってたので、1円も払わずに帰るのもなという言い訳でのもとで買った。あまり注文されないらしく、店員さんはマニュアルを見ながら作っていた。

帰りに花を買った。今まで花を買うということをしない人生だったが、最近はたまに買うようにしている。花屋の勝手がわからないので安売りされている切り花を買った。

焚火台を買った。焚火台を買って意気揚々とアウトドアショップから帰ってきたが、焚火台だけでは焚火はできないということに家についてから気づき、翌日に色々と買い足しに行った。試しにちょっとだけ薪を焚いてみた。週末に遊ぼうと思う。

10万円は、大きい買い物を予定していないので、細かいものを強気で買っている。普段だったらやめとこうと思う千円くらいのものとか、千円くらいのものをもうちょっと出していいもの買ったりとかしている。これはこれで良い。今回の騒動に関係なく臨時収入が他にもあるので精神が安定している。金は精神を安定させる、貨幣が存在しなければもっといいのだが。