ハンバーグを捏ねる

ハンバーグを作るときは、多めに作って形成した状態で冷凍しておくと色々と便利なのでよくやる。しかし肉を捏ねながら、これならばすでに形成してあるハンバーグのたねを買ってくる方がいいのではないかと思ってしまう。それは単純にコストの問題で、ひき肉から作った方が、出来合いのハンバーグを買ってくるよりも安い、もっと言えばレストランでハンバーグを食うよりも安い。だから結局私は、金がないから自分でハンバーグを捏ねているとも言える。

日本では自炊というものになんというか、信仰というか、ちゃんと料理を作るべきというか、ちゃんと自分で料理を作ること、家庭料理というのは良いもので大切なものだというような価値観があるように思う。私もやはりそのような価値観のもとで自分で料理を作っているという側面もある。まあ料理は好きだしな。

以前にインターネット読んだ文章で、ある高収入夫婦の夫が家事や育児を積極的にやっていたら、妻から、あなたはそんなことをするべき人ではないしそういうことはヘルパーに頼めばいい的なことを言われ、価値観のすれ違いで結局離婚したというのを読んだことがある。なるほどという感じがある。

すごい単純化すると、自分の時給が家事ヘルパーさんへの時間あたりの報酬を上回る場合、ヘルパーさんに頼むのが合理的ということになる。

家事は虚しい。洗い物をしてもまた食器はすぐに汚れるし、掃除をしてもすぐに部屋は汚れる。生きるため生活するためにどうしても必要な作業を私たちは家事と呼んでいる。なぜ生きねばならぬのかという抽象的で実存的な問いは、家事によって具体的な現象となる。家事とは生存の不条理さの凝縮だ。

賃金労働もまた生存のために必要なことなのだが、こちらは歴史的経緯、男尊女卑や家父長制、資本家による狡猾な搾取戦略などの様々な複雑な要素によって社会的地位や「やりがい」などが付与されている。というか我々の社会が労働をそういうふうに仕立て上げてきた。その結果、ごく一部の賃金労働においては生存の不条理さ、虚しさが隠蔽されている。つまり一部の労働においては家事において見られるような、生存のためだけの作業に自分の肉体が消費されていくような虚しさを感じにくい。

だから家事は生存の不条理的虚無に直面しており、賃金労働はそれからある程度距離をとっている。そして丁寧な生活というのは家事労働に楽しみややりがいを見出すことにより生存の不条理的虚無を和らげようという試みなのではないかと思う。それはつまり資本主義が賃金労働で達成したことを家事労働でもなぞろうとしている。

だから、賃金労働で高い賃金をもらって、出来合いのハンバーグを買うこと、家事をアウトソースすることは生存の不条理的虚無を自分から遠ざけることになる。それは現代では「成功」とみなされる。それができるのは一部の人だけだ。

家事労働も賃金労働も、生存のために必要なことという意味でどちらも等しく労働である。しかしそれらが全く別のものとして扱われているのが実情であり、それは正しいのだろうか。資本主義的労働は生存の不条理を和らげることに成功したのだろうか。もちろん資本主義はそのようなことを目的とはしないが、搾取の加速の副産物としてそのようなことが達成されたかどうか。家事労働が資本主義的労働をモデルとすることは良いことなのだろうか。

水ボトルとボールペン

シンエヴァ2回目を見たので感想でも簡単に書こうかと思ったら色々な気持ちが発生してしまい、ちょっと保留にした。
手帳用のボールペンを探していて、色々と試しているのだが、いかんせん100円で売っている sarasa が高性能すぎて、これ以上のものがない。100円ボールペンの性能が上がりすぎた結果、ちょっとお高い金属軸ボールペンが性能で劣ってしまうというよくわからない状況が日本のボールペン事情だと思う。あとプラスチックの方が金属よりも加工精度が高いのか、ブレも少ないんだよな。
無印の水ボトルを買った。去年くらいに発売されて気になってはいたが、無印で水ボトルかってサーバーから水を汲んでいるというのはかなりスノビッシュだなとかそういうことが気になって買えなかった。しかし私もいい歳なので人目を気にせず好きなことをしようと思って買った、我ながらめんどくせえな。買ってみたらかなり良くて、薄いのでサコッシュに入るし、なんかしっかりした素材なので安心感があるし、あと常に水を持ってこまめに飲むと体調が良いということに気づいた。

神を感じる

漫画を読んでいるとたまに、どうしようもなく羨ましく感じることがある。うまく言えないんだけど、この人は“語られている“なという感じだ。創作物には必ず創作者がいて、キャラクターたちは創作者の意図のもとで物語の中に配置されている。キャラクターが悲劇的な状況でも、彼は意味と意図に満ちている。そして何よりも読者である私がそれを観ている。彼は意味と意図によって作られ、それをちゃんと観測されている、その事実がとてつもなく羨ましい。
現実の生について考えてみると、私たちは偶然に生まれてきて偶然に生きて偶然に死ぬ。全ては偶然であり世界との必然的な関係性は存在しないと私たちはすでに知っている。いや100年200年前の人たちなら本気で神を信じて必然性の中で生きてたのかもしれないけど現代ではそれは無理っしょ。それでも私たちは儀式とか慣習とかで頑張って必然性を演出して誤魔化し誤魔化し生きてる。冠婚葬祭は良い例だ。
だから、物語のキャラクターが羨ましい。
全ての漫画のキャラクターの対して、そういった複雑な羨望を持つ訳ではない。優れた物語に対してだけだ。これもうまくは説明できないのだが、日常的で偶然的でありながら、全てが美しく配置されているような物語、という感じがする。そもそも下手な漫画というのは意味のない設定やコマが多い。つまらない漫画は、粗雑で無意味な私と同じ世界に生きている作者が背後に見えてしまい、失望する。意味がある、とは無意味と偶然性の排除であり、偶然性の世界に生きる私たちがそれを作るためには鍛錬と洗練が必要なのだろうと思う。それは並々足らぬ努力なのだろう。私は創作者ではないからわからないが。
私が特殊な羨望を感じる時、漫画を中心にして神と観測者の関係を感じ取るとき、もしかすると私の生にも神と観測者がいるのではないだろうかという可能性を感じる。私が私の主観視点で毎日クソみたいな生活を送っていたのが、こう、視点をぐいと引き上げられて俯瞰で自分の生活を眺めるような、そういう感じが発生する。私が私自身の生を観測し、語ることによってそれを救うことができるんじゃないか、そういう可能性を感じる。
可能性は絶望の特効薬である。実際に自分語りで自分を救うのか、救われた人がいるかどうかは問題ではない。というか、自分語りで自分を救おうとする行為の果てに待ち受けるのは悲惨な自家撞着だろう。だから倦怠の生活をほんの少し目覚めさせるものとして可能性で十分なのだ。それがなんの行動も起こさないとしても。そしてこの不思議な感覚を得るために私は漫画を読んでいる気がする。

無職

今、仕事をしていない。ちょっとした空白期間のようなものだ。新卒で就職した時、同期の人が、これからここで40年も働くのかというふうなことを言ったのが印象に残っている。えっ終身雇用前提なのか、と思った。その時の違和感を実現するように、私は結局ちょくちょく働いていない。大学も人より長く行ったし、人生の総労働時間は平均よりもかなり少ないだろうな。

仕事がないからといってどこかに行けるような時勢でもなく、家で本を読んだりゲームをしたり勉強したりしている。特に困らないし、ストレスもない。このような状況であるということが、私の引きこもりに正当性を与えてくれて、後ろめたさなく引きこもれる。

人と喋らないと言葉を忘れてしまう。思考は内省的になり、分裂する。他者への興味がなくなっていく。自分の考えていることを他人に伝えるという意欲も減り、それは結局考えるということが形を成さなくなっていく。誰にも伝える必要がなければ、なんというか、思考の輪郭のようなもの、境界のようなものもいらなくなっていく。

人々が互いに距離をとる社会は私にとって快適だが、そんな私ですら、何かを失い続けているような不安を覚えることもある。

だから人に会おうというふうにはならなくて、こうやってよくわからない文章を書いたりする。

自己強化的

いろいろあってまた転職活動をしている。新卒の就活は死ぬほどつらかったが、それに比べれば中途の転職活動は100倍くらい楽だ。

転職活動では自分の経歴や自己PRとかを書く必要があるのだが、この書くという行為が曲者だ。普段はチャランポランに生きているのに、自己PRと言う形で自己を断言すると、まるで本当に自分がそういうモノのように感じる。自己PRに嘘は書いていないが、文章という形でそれを断言するという行為は、自己強化的な効果がある。

意識高い人がよくブログを書くのはこういう快楽を求めているのではないかとおもう。自分がやったことを書くと、嘘をついていなくても自己が強化されるような感覚がある。そのやったことが周りから見てちゃんちゃらおかしいことでも、自己強化の快感だけは味わえる。

なんか、映画のチケットを売り捌くためにたくさん買った人が、自分で全部見るって宣言して、やっぱやめたってブログに書くみたいな話があったけど、そのアホみたいな顛末も、当人からすれば自己強化の快楽なのかもしれない。

ストレス

あんまりにもストレスが強い時、頭が正常に動かなくなってしまったりする。そういう時はまるでストレスに乗っ取られたような感じになってしまい、正常な思考や行動ができなくなる。わたしは自傷とかはしないけど、なんかよく分からない本を買ったり、勉強を始めたりはする。あと何もできなくなったり。 そういう時に、その時の心情をノートに書いてみるというのはめちゃくちゃ効果的で、実際にセルフケアの本とかを読むと自分の感情やストレスを客観的に眺める方法とかがいろいろ載っている。 しかしそういう時こそ冷静になれないもので、なんだか難しいなぁと思う。

めんどくさいこと

詳しくは書いて特定されたりするのがめんどいのでめちゃぼかすけど、めんどくさい事件に巻き込まれてそれの後始末に方々に相談したり連絡したり調整したりしていて、くそめんどくせーって感じになっている。私は1mmも悪くないのに、金はかからんが手間がかかっている。理不尽さがある。

朝起きた時、何もかもめんどくさい、何もしたくないってまず思うのだけど、それは私にとって当たり前のことなのだけど、実は異常なのではって思えてきた。普通のひと、普通の人って誰だ? は普通、朝起きてまず何もやりたくないって思わないのでは。

あらゆることにやる気が出ない時期は、やる気が出ないなってよく考える。やる気についてよく考える。しかしやる気という便利な言葉で何かが覆い隠されてしまっている気がする。というかやる気が出ないことは事象の結果であって、やる気が出ないことそのものについて考えてもその原因はわからない。

ストレスの原因をストレッサーというらしいが、ストレッサーについて考えることもストレスだ。だからストレスの結果であるやる気のなさとかを考えてしまい、やる気のなさについていくら考えても何も解決策が出ない。生存はめんどくさいな。