労働活動仕事

人と会うことがあまりないけど、人と会うと、定期的に人と合わなきゃなという気持ちになり、気持ちになるだけで特に何もしないという感じでずっといきている。

ところでアーレントは人間の条件を仕事と労働と活動を分けて考えて、仕事は耐久性のあるものを作ることで、活動は人と会って何かすることで、労働は労働という感じ。私たちが日々仕事と呼んでいるものは大体がアーレントにおける労働に分類される。家事も労働に分類される。とにかくみんな労働をやりまくる世界になってしまっている。

自発的に何か作ったり、自発的に人と会ったりしないと人生が全て労働で塗り潰されてしまう。かつては、かつてというのがいつなのかわからんけど、マルクス的に言えばたぶん前資本主義社会では活動と仕事の時間があったのかもしれないが、現代では兎にも角にも労働で、そのほかのことは労働外の時間で、しかも家事とかをこなしてからやれみたいな感じになっている。

とにかくそれは狂った社会なので一刻も早く権力構造を転覆すべきなのは自明なんだが、まあそれはそれとして現代においては自発的に活動と仕事をしていかないとなんだなと再確認した。

うらやむこと

ねむい。

何かを羨むのはつらいことだ。羨ましいという感情がつらくて不快なのでそんなことは感じていないように振る舞っている。あるいはポーズとしての、社交辞令的羨望を身につけた。

羨ましいという気持ちが発生しないように先手先手でやっていっている。それはあらゆる卓越したもの、成功したものに関して無関心であるということだ。自己を守るために何も感じないようになっていく。

よくないのかもしれないなと思う。ちゃんと羨んで生きた方がいいのかもしれない。羨ましいという感情に向き合ってみると何でもかんでも羨んでいるわけではないということがわかる。

カメラとか構造主義とか

朝、なんだか早くに目が覚めてしまったのでデスストランディングをやっていた。ストーリーはクリアしたし国道も完成したのでので配送をやっている。先日スパイダーマンのゲームがセールだったので買ったのだがなぜかまたデスストをやっている。戦いたくない気持ち。

カメラが修理から帰ってきたので写真を撮ったりしているが、SDカードリーダーが壊れていて、iPadにつなげるやつは見つからないので写真が取り出せないままでいる。

Youtube というのをわたしはほとんどみないのだが、それはいわゆるユーチューバー的なノリが嫌いだから。VLOG というのがあるということを最近知った。それはいわゆるユーチューバー的なものよりも緩い感じでつくる動画で、特に暮らし系の動画は人の顔が移ってなくて、料理を作る手とか綺麗な風景とかを編集したもので、まあ鼻につくといえばそうなんだけどわたしは丁寧な暮らしコンテンツ好きなのでこれは良いとおもった。

浅田彰の「構造と力」が床に落ちてたので読んでいる。おもったよりもエモいというか、めちゃくちゃにエモい。序文でこれから大学に入学する君へみたいな感じのことを書いてるのに、本文はとてもじゃないが入門ではないという感じだ。構造主義の空気が感じられる。よくわからないけど読んでいる。

意味のない夜更かし

意味もなく夜更かししてしまった。十分な睡眠に勝る活動などないのに、人はなぜ夜更かししてしまうのか。インターネットは恐ろしい。

必要に迫られる夜更かしはまあ仕方ないと言う気がする。ドラマやアニメや本が辞められないというのもまあわかる。しかしなんとなくインターネットで夜更かしは無意味さがある。

わたしはいわゆるガチャ課金というものをやったことがない。ついつい熱くなって何万も課金してしまうという話はよく聞くが、なんでそんなことになるのか皆目見当がつかない。しかしそれは夜中に始めたインターネットのようなものなのかもしれない、それならわかる、多分違うだろうな。

新幹線に乗ると、車両の入り口の上に一行の液晶モニタみたいなやつがついてて、ニュースやお知らせが流れている。やることもないので眺めていると、なんだか暗いニュースばかり流れていて気が滅入る。

インターネットも暗い話ばかりで気分が悪くなるが、それらは絶妙に感情を刺激してきて、心が適度に揺さぶられるのでそういう心地よさや心地悪さはある。そういうのが中毒性があるのかもしれない。結局のところ情報なんて得てなくて、感情の揺らぎのようなものだけがある。

穏やかな日々

カミュの『異邦人』について考えたんだけどうまくまとまらなかった。わたしはやはりあの小説が好きだなと思う。わたしはシンクレールやデミアンのようになりたかったけどそれは無理だった、最近は、ムルソーへの共感が年々強くなっていく。

クラムチャウダーを作ろうと思ってあさりを買ってきたがうまく塩抜きができず、結局夕飯には間に合わなかった。あさりは塩分濃度を調整して、冷蔵庫に入れておいたら活発に水を吹いていた。そのまま明日まで放置するのもあれだなと思ったので11時半くらいからおもむろにクラムチャウダーを作り始めた。

ちなみにあさりは冷凍保存できるらしい。『昨日なに食べた』でいってた。

日々は穏やかだ。わたしの人生は、特になにがあったわけでもないし、なにを成したわけでもないが、いつも不安と焦りと焦燥感に満ちていた、あと自意識。ここ一年くらいはとても穏やかな気がする。

かつては歳を取ることや大人になることが怖かったが、実際には年々新しいことを学び、自分や世界について知っていくので、歳を取るほど楽になっていく気はする。

今日ポッドキャストを聞いていて、わたしもやりたいかもと思ったが、それにはもう少し自意識をあれしないとなと思った。文章は推敲できるが発話は推敲できないというのが面白そうではある。このブログは推敲なんてしてないけど。

残酷さについて

母は残酷な話が嫌いだった。昔、トロッコ問題の話をしたとき、そんな残酷なことは想像もしたくないといわれ、そういう話ではないんだけどなとおもったことがある。

わたしも最近、残酷な話が苦手になってきている。特に子供が傷ついたり、犬が死んだりする話はきつい。子供というものを、残酷さを演出する装置のように扱う作品には怒りすら覚える。だからそういう作品からは自然と遠のいていく。メイドインアビスの劇場版がよくできているらしいが、あれも残酷な話なのでわたしはみないだろうと思う。これは主義とか主張とか思想ではなくて、純粋に感情の話で、残酷な作品は感情がつらくなる。感情の話なのでとくに作品を批判することもできないし、ただ距離をとることしかできない。

ここ一週間くらいは本を作ったりゲームをしたりで夜更かしをすることが多く、夜更かしすると起きるのが遅いのでバタバタと出かけていくという感じだったので、昨晩は10時に寝付いた。10時に寝ると自然と朝6時に目が覚める。8時間寝る生活をすると、7時間以下の睡眠が状態異常であったことに気づく。週休2日になると週休1日が異常であったことに気づいたろうし、週休3日になれば2日が異常であったし、労働をやめれば労働が異常であることに気づくだろうに。

朝ごはんになるものが何もなかったので、ミスドにきた。ミスドはモーニングセットで300円くらいでコーヒーとドーナツが買えるということを最近知った。

OVAヘルシングを見ている。よくできている。OVAというもの、もう現代ではなくなってしまったのだろうな、今はNetflixオリジナルアニメとかだ。ヘルシングはめちゃくちゃ好きで、何度も何度も読んだので今でもセリフをだいたい覚えてる、自分でもびっくりしている。ヘルシングを見ていて、残酷な話について思いついたのだった。

カメラを修理に出した

2020/01/23

テキストの本文に日付を入れようと思った。デジタルデータならメタデータで日付とかは残っているのだが、メタデータはコピーとかで消失したり上書きされてしまったりする。このあいだ昔の日記を漁っていて、作成日のわからないデータが結構あったので。特にサービスの引越しをしたりすると厳しい。

月曜日の朝、起きると頭痛が酷かった。前日の夜に缶チューハイを一本だけ飲んでいたが、その程度で二日酔いになったことはなかった。というかわたしはあまり二日酔いにならない。結局一日中痛くて、風邪かなとおもったのでその日はさっさと寝て、翌日は回復していた。

わたしはキーボードというものが好きなので、ブログを書いたりするのもついキーボードに向かってやりたくなる、しかし現代人の生活ではキーボードというのはわざわざ用意したり向かったりするものなので、キーボードを待っていると書くタイミングを逃す。実際に、1000文字くらいならフリック入力で余裕だったりする。キーボードにこだわらないほうがいい。

iPhone英語キーボードだと、指を滑らせて単語を入力するという機能が快適で、ああいうのか日本語にも欲しいと思う。しかしフリック入力というのもすごい発明で、実は英語圏の人はフリックを羨ましがっているのかもしれない。

iPhone でちまちま写真をまた撮り始めた。カメラは、RX100を使っていて、これはかなり気に入っていてどこにでも持っていってたのだけど、ある日壊れてしまった。治すにも金がかかるし、かといって買うのはもっと金がかかるしなとうじうじしていたのだが先日やっと決心して修理に出した。なにも出費が嵩む年末年始にやらなくとも。

VSCOという写真編集アプリがよくできていて楽しい。SNS機能もついてる。インスタグラムもflickrも500pxも、なんだか俗っぽいというか、けばけばしいというか、かつてのお洒落な雰囲気はなくなり、マウンティングと商業主義に支配されているような気がする。VSCOはミニマルにできていて、純粋さが保たれている気がする。