読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラムとか努力とか

プログラムというもの、なんとなく憧れていてはいたけど特につくりたいものや必要なものもなかったのでちょっとかじってはすぐ飽きるというのを繰替えしていた。

でも最近は、というか働きはじめたらそんなことも言ってられなくて、勉強をしている。ギョウムに直接関係ないところでも、エクセルをただ打ちこむだけのクソみたいな仕事とか、そういうのやりたくないからスクリプトを書いたりする。

プログラムというのは独学要素がすごく強い。他人の書いたコードはもう一目見てまったくわからんという絶望感に襲われる。気をとりなおしてわからんことをひとつひとつググる。独学要素が強いというのは 自分で調べまくって解決しまくれということだとおもう。目の前にわからないことやトラブルがあって、それを調べまくって、ぜんぜん違うこと調べたりとかして、解決すると一歩進めて、進んだ先にまた問題がある。あ、これが努力かもしれないっておもった。

学校の勉強は、なんだか、手をひかれている感じだった。問題は次から次へと降ってくるけれど、答えは先生が知っている。安心感があった。

月並な意見だが、答えのない問題にぶちあたり続けるのは楽しくもありしんどくもある。しんどい。ただベテランの技術者というのはそういうタフネスさをもっているし、問題を解決した瞬間に次の一歩の問題を覚悟しているような節がある。