文学フリマありがとうございました

今日は文学フリマ東京でした。おかげさまで新刊既刊ともに完売いたしました。ありがとうございます。(何冊刷ったとかは書かない。完売という事実のみを明記する) ツイッターでなんとなく繋がっている方々にも買っていただけたような気がします。わたしもみな…

自己が苦手

これは告知ですが「しししし」という雑誌が出ます。わたしも関わったり関わらなかったりしました。 http://shishishishi.liondo.jp/ いま試しにググってみたけど、著しくググらビリティが低いですね。 ところでこれに絡んで簡単な自分の紹介文的なものを書く…

健全にプロジェクトをやっていきたい

11月23日 東京文フリの本が無事入稿できた。 「物語と反物語」 11/23 文学フリマ東京 カ-58 内容は不条理主義とか実存主義とか不条理演劇を通して「語る」という行為を考えてみようという感じのものです。カミュとかサルトルとかベケットとかです。 果たして…

やる気のやる気

やる気を出す方法というのはある。ともかく些細なことから着手して、手を動かしているとだんだん惰性がついてくるのでそれに従ってやる気を高めていくというふうなやつだ。これが効果的であることはわかっている。わたしの場合はとりあえずメモ帳とかに手書…

客と神様と貴族

「お客様は神様です」的思想を客側が持ちすぎてトラブルになるという話を良く聞く。店員を土下座させたりとかそういうやつ。わたしもこの間スーパーで店員さんと道を塞ぎ合う形になってしまったとき、とっさに店員さんが一歩退いてお辞儀をして、おおっすご…

左右独立イヤホンを買った

EARIN の発売がたしか1年前だったかとおもう。完全ワイヤレスイヤホンということでかなり話題になったし、わたしも欲しいと思ったが2万近くしたので、やめた。 というところまで書いて、不安になって調べたら2年前だった。ここ1年間くらい記憶が飛んでる可能…

ことば

言葉を発したりなにかしらを書くのがとてもだるいとふと思った。言葉や文章はよくよく選んで磨かないといろいろとうまくいかない。何かが確定していく感じが怖い。なにもかも未確定の状態で保留しておきたい。 保留といえば日本語入力で確定操作がだるいとい…

近況

1日の作業記録時間が2時間とかで、宇宙的自己嫌悪に襲われてSAN値を減らしている。冷蔵庫に野菜のかけらのようなものが溜まってきたので鍋をやり続けて消費している。鍋だと炭水化物を食わなくても満足感があり、炭水化物を食わないと身体が軽い。

意趣返しと復讐と報復について

これは漠然と思うことなのだけれど、「相手の論に乗っかって上手いこと意趣返しをする」というのは良くないんじゃないかとおもう。 例えば、「教育上体罰もまた必要である」と明言する A という人がいるとする。B は「どのような状況でも体罰は許されない」…

Todo をあれする

古今東西 Todo を管理することは良いことだと言われ続けていますが、まあ難しいですね。 管理コスト、平たくいうとマメさが足りないということもありますが、私の感覚としてその最大の障害はずらっと並んだ Todo を見たくないということだと思います。 まあ…

圧倒的量について

今日は調べ物をしに図書館にいった。端末にワードを入力し、ずらっと並んだ本のリストから良さそうなものを選ぶ。本棚を見ながら、ものすごい量の本があるなと気づいた、しかもすべて無料だ。図書館なのだからそれは当たり前なのだけど、その膨大な量はわた…

真面目に生きよう

真面目に生きようと突然おもった。 思ったからといって今までのことが帳消しになるわけでも明日から急にしゃっきりするわけでもない。決意や感情でなにもかもが変わってくれればいいのになあとおもう。まるっと忘れてキラッと生きたい。 しかしまあそんなこ…

台風と胃もたれと寝不足

例によって低気圧が苦手です。つまり台風なのでだるい。雨のあとのすごくいい天気とかもだるかったりするので、低気圧そのものというよりは気圧の変化に弱いのかもしれない。 あと昨晩ふと vita でディスガイア4を初めたら徹夜してしまって寝不足である。 あ…

記述は最小の社会である

なんらかの考え事をするとき、頭のなかだけで考えているとどうにもうまくいかない。考えがまとまらず、どうでもいいことに気を取られ、そもそも何について考えていたのかもわからくなり、気づくと眠っている。しかし紙とペンをとって、なんとなく、思いつく…

健康について

風邪をひいた。先週の金曜日だったか、朝目覚めると寒かった、そしてだるかった。まあ1日寝てれば治るっしょと思っていたが、意外と手こずり、結局丸5日寝込んでいた。 経験的に、ガッと熱が一気に上がる風邪は早く治る。今回のは熱も鼻水も咳もなく、ただ異…

文フリの本の情報を書くようのページ

ここに文フリ本の情報を書く

映画における鑑賞と批評の距離

今日はララランドを観ていたのだが途中で寝てしまった。レンタルで明日までなのでもう一回ちゃんと観るか迷っている。ラストシーンだけ起きて観たんだけど当たり前だけどわけわかんなかったんだよね。明日の朝作業しつつ観なおすかー。 ところで映画を観た後…

日本が雨季に突入してしまった。雨は気分が滅入るし頭が痛くなるしだるくなる。そういうときに部屋にいると無限にダメになっていってしまうので雨が止んだ隙にカフェに行くとかろうじて人の形を保つことができ、作業ができ、尊厳という感じだ。結果的に昨日…

コストパフォーマンスについて

コストパフォーマンスとか最初に言いだしたのは誰なんだ。まるで万能の物差しのようになっているが、実際のところコストパフォーマンスで測れるのは経済活動とかそういう限定されたものだけで、たとえば人生とかについて考え始めると破綻する。 それでもやは…

電子書籍による新しい本との出会い

先日友人に、どうやって読む本を探しているのかと問われた。私は少し考えて、kindleセールで、と答えた。身も蓋もない答えだ。 しかしやはり、本にセールというものが導入されたのは革命であるとおもう。 steam の話をしよう。わたしは steam で200本を超え…

時間を記録する習慣

数年来、作業時間を記録したいと思っていたのだがやっと今年になって習慣として根付いてきた。このことはちょいちょい言っている気がするがそれくらい嬉しい。 記録する対象について すべての時間をトラッキングするというのをやっていた頃もあったが無理な…

ちょうど一年前の今日の日記

にっきを書きます。 まあいろいろあって、いろいろあってというのは雑な言い回しだ。 鏡が見たくない現象とわたしは便宜上呼んでいるのだけど、そういうのがあって、つらい。 行為に小さな抵抗成分が存在し、それに打ち勝つことができない。語弊がある、まあ…

論理を鍛えろ

論理トレーニングという本を一日二章くらいずつやっている。 新版 論理トレーニング (哲学教科書シリーズ)作者: 野矢茂樹出版社/メーカー: 産業図書発売日: 2006/11/01メディア: 単行本購入: 24人 クリック: 182回この商品を含むブログ (87件) を見る まだ半…

今日食べたもの

桃 熱湯に20秒ほど通し、氷水につけると皮がずるっと剥けるというのでやってみたらうまくできた。 最初にてっぺんに十時に切り込みをつけておくのがよい。 こうやって剥くとまるかじりできる。桃は料理にもいろいろ使えるらしいが、どうにも高級品という感じ…

図鑑のように見つめること(「なぜ植物図鑑か」感想)

本が読める程度にだるかったので今日は本を読んだり寝たりしていた。 昼下がりくらいに郵便屋さんがきて、アマゾンで注文していた本をコトンと投函していったのが良かった。 中平卓馬という写真家の映像論集を読んだ。 なぜ、植物図鑑か―中平卓馬映像論集 (…

「悪童日記」感想

アゴタ・クリストフの「悪童日記」を読んだ。kindle でセールしていたので。 感想などをなんとなく書いていきます。 作中では明言されないが、第二次大戦末期から戦後にかけてのハンガリーが舞台である。 主人公は双子の男の子。都会から田舎の祖母の家に疎…

ポストevernote

かつて evernote というサービスがあったが1年ほど前に事実上の死を迎えてしまった。データのサルベージはあとでやるとして、とりあえず思いつきメモを投げる先が必要とされていて、いろいろやった結果 google keep に落ち着いている。メモサービスというの…

麦茶サイクル

暑いので麦茶の消費が激しい。2Lの容器で作っているがあっという間になくなってしまう。そしてコップに注いだ麦茶はあっという間にぬるくなる。麦茶容器をうっかり出しっぱなしにしてもやはりぬるくなる。ぬるい麦茶は飲みたくない。 今年の冬に買ったサーモ…

肉をたべるやつやった

今流行りの肉を大量に食べるやつやりました。 かなり赤くて不安が感じられる写真ですが、現場でもそのような声はありましたが、結果として問題はなかったです。 あと調理中の待ち時間にゾンビのアナログゲームやったのですが、その時は気づかなかったけど今…

曜日が消失していた

書類をやるのを2週間くらい後回しにしていて、いい加減やるかということで手をつけた(偉い) 書いて、必要な添付書類を封筒に詰めたら結構ぎゅうぎゅうな感じで、82円で遅れるのってどれくらいまでなんだろうと不安になったので郵便局に行くことにした。 ら、…