近況

近況について書きます。労働者階級になったので労働をしています。労働はつらい。ところで私は自分が運がいいとおもっていて、主な根拠は生存しているということです。人生、それなりに挫折だったり停滞だったりしながらやってきたけどまだ生きてるし、やは…

人生が決まる時

新卒の就活というのはやはり重く扱われ過ぎているんじゃないかと思う。まるでそれで人生そのものが決まってしまうかのように当事者たちは捉えている。あれは採る方も採られる方もなんだがよくわからないままにやっていて、適正テストだのSPIだのよくわからな…

スーサイドショップ 感想

Netflix でスーサイドショップというフランスのアニメ映画を観た。自殺用品専門店を営む一家の話である。人生に絶望した人々が首吊り用の縄や毒やカミソリを求めてやってくる。死ねなかった場合の返金保証もついている。 早速ネタバレしてしまうと、ネタバレ…

文学フリマ東京 告知

5月6日 文学フリマ東京で本をだします。 B-22 双子のライオン堂 「本屋の本の本(壱)」 300円くらい 古今東西の本屋に関する本を全て紹介しようという壮大な計画の第1巻です。本屋が好きな人は是非手にとっていただければと思います。よろしくお願いします。

終わらせること

近況ですが、資格の試験を受けるなどした。そんなにがんばって勉強をしたというわけでもないけど終わるとそれはそれで達成感というか開放感があり、次はなにをしようかとか考えたりする。生活は絶え間なく続いているので何かが始まり何かが終わるということ…

救済を求めながら本を読むことについて

本を読む時に、そこに救済やその可能性について求めながら読んでしまう。今日はピーター・シンガーの「私たちはどう生きるべきか」という本を読んでいた。シンガーは左派というものについて、世界の不平等を知ったときそれを仕方のないことだと思わないでど…

不安とめんどくさささ

わたしがめんどくさいとかだるいと思っていたことの多くは実は不安なのではないかと思った。 例えばわたしはメールを確認したり、電話を受けたり、人に連絡をとったりするのが苦手で、それはつまり不安なのだ。人とやりとりするとき、もしかすると怒られるか…

iPhone をベッドに持ち込まないこと

スマホやタブレットの類をベッドに持ち込まないことは最も有益な習慣の一つだ。とにかく iPhone があるとツイッターを見たり調べ物をしたり、睡眠が悪くなる一方だ。この習慣を得るために多少の投資をする価値は十分にある。具体的には kindle 、読書灯、目…

生活をコントロールできなくなるとき

生活をコントロールできなくなってくると精神が悪くなってくる。仕事が忙しくて帰って寝るだけで休みの日も寝てばかりだとか、あるいは仕事をしてなくても体調が良くなくてほとんど一日中寝てばっかだとか、そういう日々は絶望的な気分になってくる。 ところ…

自慢すること

他人の自慢話というものは、みんなあんまり好きではないとおもう。好きではないけれど、人間関係のパワーバランスとか、お互い様だよねとかで、仕方なく聞いているという事が多いとおもう。そういった自慢話における嫌さのようなものは置いておくとして、自…

労働

労働の話をしよう。わたしは学生のころ、働くことが怖かった。わたしはのらりくらりと人より長めに学生をしていたので、先に働きはじめた友人をみては、どうして働いていけるのだろうかと疑問におもった。実際に働いているひとにどうして働いていけるのかと…

生存コスト

昨日は図書館にいった。まず家にて借りている本をリュックにつめて、図書館カードがちゃんとあるかを確認してから出かけた。図書館につくとまず本を返し、借りたい本を探して、さらにリクエストカードを書いた。すると図書館カードを持っていないことに気づ…

「自分の小さな「箱」から脱出する方法」感想

いわゆる自己啓発本? というやつで、こういうのを読んでいるというのはちょっと恥ずかしいので、ネットで評判がよかったとか、図書館にたまたまあったとかつらつら言い訳を書こうかとおもったけどそれはそれで微妙だなとおもった。 管理職の主人公が上司と…

Apple Watch がへたってきた

初代 Apple Watch を持っている。たしか 2016 年に買ったので、だいたい2年くらい使ってるのだが、最近バッテリーがへたってきた気がする。 そもそもバッテリーは 1.5 日くらいしか持たない。それでも夜寝るときに充電して、朝起きたら着けるというルーチン…

遅すぎるということはない

月並みな言葉だが、遅すぎるということはない。このことをよく理解したいし、何歳になっても身軽に新しいことを始められる人間になりたい。 現実をみることはつらく悲しいことだ。現実というのは体重計とか預金残高として現象する。現実をみて、それに対して…

日記

日曜日に登山に行き、足が筋肉痛で動けないだの雪だのやってたら親戚イベントがあったりして気づいたら木曜日だった。いや、気づいていたけど。特になにもしないまま日々が過ぎていくのをちゃんと気づいていたけど。 というわけで今日はゴミ出しをして細々と…

Twitter 投稿専用クライアント Faster Than Think

twitter に投稿するだけのアプリをつくりました。 そしてこれは欲しいものリストです。 おすすめ設定 アイコンをタップすると設定画面が出ます “POST WITH” → “Return” を ON にします 改行入力で POST するようになります。 経緯 ツイッター公式アプリの投…

ブログは誰にも向けて書いていない

ひさしぶりにブログでも書こうかと思い、つらつらと労働に関するこじらせをついさっきまで綴っていたのだが止まってしまった。うすうす気づいていたのだが、わたしはブログというものを誰にも向けて書いていない、いわば長い独り言だ。これは誰かにむけて文…

社会

芥川龍之介だかの有名なセリフで、世間とはお前だみたいなのながあるけど、では社会とはなんなのか。社会がつく言葉というのはどうにも胡散臭い。ふと思ったがソーシャルゲームという呼称はまだ使われているのだろうか。あれらのゲームを総称してなんと呼ぶ…

iOS アプリの勉強をしている

最近 iOS アプリの作り方を勉強している。 iOS も swift も更新が早いのでネットの情報はどんどん劣化するのでいったいなにを当てにすればいいのかわからない。それでも適当にやっていると xcode がおせっかいを焼いてくれるのでなんとかなる。 web はひとつ…

キーボードを買った

最近キーボードを買った。 Bluetooth のペアリングが3つまで登録できるので iPhone と iPad に繋いでつかっている。ちょっとまとまった文章を書きたいなどのとき、ノートパソコンを開くのはだるいし、かといってフリッ ク入力もまただるいという問題があり、…

Mac の一部アプリで日本語入力時に揺れる問題

mac で日本語入力するときに文字が揺れてイライラする。 これは day one という有料アプリです。日本語を入力するとこのように文字が上下にガタガタ揺れます。 まあ1000000歩譲ってサードパーティだから大目に見よう。ところで、 これは mac 純正のメモアプ…

悪意を増幅する形式

今日も今日とてインターネットは燃えている。炎上というのはいつ誰にやってくるかわからないもので、しかしわたしは大丈夫だろうと思ってしまう。それは自分にはそんな不幸は降りかからないだろうという油断でもあり、自分はそんな炎上するほどの影響力はな…

時間を記録する

暇なので App Store をだらだらみてたら タイムトラッキングの toggl がなんか新しいアプリを出していた。 https://superday.toggl.com/ Toggl のサービスとは紐付いてなくてローカルにだけデータを保存して生活の時間ログをとるためのアプリらしい。使って…

役所と怒られ

市役所から色々と届いていたが開封できずに何日か何ヶ月か経っていた。郵便物というのはこわいし、電話もこわい。だいたいそれらはわたしを怒るためにやってくる。出れば怒られるというのになぜ出るだろうか。おもえば進研ゼミのころから郵便物は憂鬱だった…

なにもしないと精神が悪化する

なにもしなくても悪化しない精神があれば万事解決では? それはそうなのだが実際の話、なにもせずにのんべんだらりと過ごし過ぎると精神が悪化するのでよくない。しかしここは塩梅の話で、なにか大きなことをえいやっとやり遂げたあとはしばらくなにもしなく…

理想の終末(猫のゆりかご感想)

理想の終末とはなにか、おそらく猫のゆりかごで提示されるものはその一つだろうとおもう。静まった世界で生きることも死ぬことも容易である、好きなときまで生きて、死にたくなったら美しく死ぬことができる世界。 またボコノン教というカルトもこの作品の魅…

本と他者

文学フリマにサークル参加するのは3回目だった。つまりわたしは今まで3冊の本をつくった。本を書くということはとにかく最初から最後までつらい。不安と自己嫌悪の連続だなとおもう。最後までといったが、そんじゃあ書き終わったらスパッと気持ちよくなれる…

文学フリマありがとうございました

今日は文学フリマ東京でした。おかげさまで新刊既刊ともに完売いたしました。ありがとうございます。(何冊刷ったとかは書かない。完売という事実のみを明記する) ツイッターでなんとなく繋がっている方々にも買っていただけたような気がします。わたしもみな…

自己が苦手

これは告知ですが「しししし」という雑誌が出ます。わたしも関わったり関わらなかったりしました。 http://shishishishi.liondo.jp/ いま試しにググってみたけど、著しくググらビリティが低いですね。 ところでこれに絡んで簡単な自分の紹介文的なものを書く…